「かわいい」をキーワードの中心に据えることで何を目指しているのか、勘のいい方にはもうお分かりかと思いますが、企業としての鉄則や常識からまず離れてしまおうと言う考えがあります。

その話を始める前にまずは昨日からの検索の順位ですが、「かわいい」が絡んでいると上位には入っていません。
これは2〜3週間に1度巡回すると言われるGoogleの通常のクロールの結果のように思います。このクロールはおそらくページのキーワード変更前の状態と今の文章などの変更後のものとを見ているのではないでしょうか?
Googleは3ヶ月に1度そのページのランクを決めるためのクロールがあるとされていて、その審査員はまだページに訪れていないと判断できます。
ページのリニューアルを始めてまだ10日ですからこれは正しい順位ではなさそうです。
ただ、それ以前に比べてページ内の分少量は数十倍に増えていますので、その効果で順位が上がったのでしょう。

いずれランク決めのクロールがくればはっきりするはずです。

今少しずつ2階層目のページを制作していますが、そのページについて解説するにはひとまとめで良いのでそもそものリニューアルに至った経緯をお話しします。
まず自分たちにはどんな能力がどの程度あってどのくらいのお客さんを喜ばすことが出来、どのくらいの収入が必要なのか?
現在は完全に下請けの最下層にいるので、ただただ仕事を待っているだけのダメな制作会社です。過去にお付き合いのあったクライアントからはそれなりに信頼を得ているので、同等の仕事を振れば間違いなく納期を守って仕上げることが了解済みですが、その仕事の量が減っていると言うことでなかなか難しい状態です。

私たちは夫婦二人の会社でその生活費と猫の餌代、会社の維持費があれば文句はありません。
貧乏にももうなれっこで贅沢は言いませんのでだいたい必要な額は見えてきます。

この話をSEOのことと重ね合わせてみると面白いことがわかります。
例えば「イラスト」で検索して1位を目指すことは私たちには無理ですし、目指す気もしもありません。これはイラスト業界で日本1有名と言うことになるからです。
同じように「WEB」で1位も考えられません。WEB業界トップの企業となればとんでもない大企業になりますね。

では先ほどの規模に当てはめてみると1位(必ずしも1位でなくても10位以内になれば効果は抜群です)になれそうなあまりビッグではないキーワードを選ぶことになります。
そこでどんなキーワードが良いのかとなると、自分たちの持っている得意分野であまり他社がウリにしていないものが良いと言うことになる訳です。

実際は順序は逆で自分たちは何を持っているのかを自問して、他社と競合しないアピールポイントを前面に打ち出すのですが、ちょっと後手に回ってしまいました。

ビッグではないキーワードは検索をかける人も少なくビジネスのチャンスは低いと思いますが、私たちを本当に求めている人に出会うと言う面ではこの方法が良いように思います。
従業員を10人にして大きな仕事をして行くというような野望はありませんので、今はここにかけてみようと思いました。

背水の陣の考え方ですのでこれを鵜呑みにして考えるのは危険ですが、そんな方法もあると参考になればと思います。


JUGEMテーマ:インターネット
 
今朝起きてseoの診断サイトを確認して驚きました。

検索キーワード「かわいい イラスト アニメ WEB」で
Google 6位
Yahoo! 6位

となっていました。

昨日までは100位に入らない圏外の状態だったのでこれはうれしいです!
このホームページのSEOはまだまだ途中段階なので、未完成で結果が出ているのは奇跡のようです。この原因として考えられるのは、ドメインの経過年数が11年というところでしょうか? grand-x.comの由来は1999年に惑星直列が十字の形に形成されるという特別なことが起きて地球滅亡説などが噂になったので、当時ドメイン取得はそこそこ安くなってきていたこともあって思い切って取りました。読みは「グランドクロスコム」です。
何百年かに1度奇跡的なことが起こると言う現象にあやかって作ったのです。

話がそれましたので検索結果に戻しますね。

キーワードでこの4つ「かわいい イラスト アニメ WEB」を全て入れて検索する人はあまりいないので組み合わせを変えて3つのキーワードで順位を調べてみました。

検索キーワード「かわいい イラスト アニメ」
Google 47位
Yahoo! 47位

検索キーワード「かわいい イラスト web」
Google 圏外
Yahoo! 圏外

検索キーワード「かわいい アニメ web」
Google 圏外
Yahoo! 圏外

検索キーワード「イラスト アニメ web」
Google 42位
Yahoo! 42位

検索キーワード「かわいい イラスト アニメ ホームページ」
Google 7位
Yahoo! 7位

検索キーワード「かわいい イラスト ホームページ」
Google 圏外
Yahoo! 圏外

検索キーワード「かわいい アニメ ホームページ」
Google 72位
Yahoo! 72位

検索キーワード「イラスト アニメ ホームページ」
Google 2位
Yahoo! 2位

検索キーワード「かわいい イラスト アニメ 制作」
Google 22位
Yahoo! 22位

検索キーワード「かわいい イラスト ホームページ 制作」
Google 圏外
Yahoo! 圏外

検索キーワード「かわいい アニメ ホームページ 制作」
Google 6位
Yahoo! 6位

検索キーワード「イラスト アニメ ホームページ 制作」
Google 7位
Yahoo! 7位

これはすごい数字です。
ページの中身がまだまだ出来上がっていないので、できるだけ早く完成を目指します。
そして今後にはFLASHアニメや動画などをどんどん入れて「いいね」をポチしてもらえるページにしたいと思います。

これからも制作途中のレポートを続けますので、参考にしてください。

JUGEMテーマ:インターネット
 
株式会社ASTA(アスタ)のキャッチフレーズを「イラスト・アニメでかわいいホームページ制作」に決めました。

ん? なにそれ? 普通じゃない?
いや、キーワードに関連してるんだったら「かわいい」ってどうよ?

という意見が聞こえてきますが、あえてこれに決めることにしました。

そもそも「イラスト」「アニメーション」「ホームページ」を検索キーワードにしている企業は気が遠くなるほどあって、検索で1位になることなど望む方がどうかしています。
夫婦2人の家族経営の零細企業である株式会社ASTA(アスタ)が何かのキーワードでヒットするためには、独自でオンリーワンのキーワードを探すことが必須になってきます。

そこで考えなければならないのが、「私たちの存在価値」です。
自分たちにしか出来ない何かをキーワードにすることが、貧乏な人や会社SEOの基本です。

今時のSEOには資本主義のルールが完全に適応されているので、お金を沢山使った企業が上位にくることになり、そこで闘うには強靭な体力が必要です。
ただしこれは多くの仕事をして沢山の儲けを出すためのトップクラスの理論になっていて、一般の中小企業では少しやり方が変わります。もっと言えば株式会社ASTA(アスタ)は零細企業で、会社と名乗るのも恥ずかしいような最下層にいる訳で、それなりにご飯を食べられれば文句のないレベルです。

以前は大手からの下請けの下請けで生活をしている状態で、リーマンショック以降はその仕事もほとんど無くなっている今、自分の生きる道を考えてみるとニッチな層に直接アピールすることしか残されていないと考えてもっとも自分たちを表す言葉が「かわいい」だったのです。

「かわいい」はWEB系の大企業は絶対に使わないキーワードです。(たぶん)
それと言うのもWEBの常識の変遷が物語っていて、僕たちがWEBデザインを始めた1995年から技術の進化とインフラの整備、ユーザーの求めることの変化などで様々な常識が生まれては消え生まれては消えてきました。

WEBの世界の怖いところは今生まれた正しいことが3年後には覆ることで、細かくはいろいろと面白かった過去をお話しできますが、これはいずれホームページで紹介するとして、ここ5年くらいの常識としては極端な言い方をすれば、デザインはどうあれ検索にヒットしてお金を稼ぎだすホームページが正しいとされてきました。
時代がそうだったのでそれは仕方のないことだと思いますが、きれいな写真、イラスト、アニメーションは検索に関係ないという理由で価値を下げてしまいました。

時には画像やアニメは検索に不利だという風評も広まってしまい、我が社の仕事に大きな影響をいただいていますが、専門家として言わせていただくとそんなことはなくアニメーションを使っていても充分検索エンジンには同じようにヒットします。
いやヒットさせるような作り方があります。

一般の人はその辺がわからないので経費もかかるアニメなどの部分は敬遠するようになり、ましてや「かわいい」ホームページなんて検索に邪魔でしょ? となるわけです。


さて最近ではまた事情が変わっている訳ですが、今後のポイントはFacebookの「いいね」twitterの「つぶやく」です。ホームページにはこのボタンを置くようになってきましたが、今後はこのボタンを押してもらうことが大事な口コミとなってくるはずです。
今後は検索エンジンにヒットすることは入り口で、そのホームページが魅力的だった時に「いいね」ボタンを押して友人に知らせる。
それを読んだフォロワーがまたどこかでつぶやくということがとても普通に行われる日がすぐそこまで来ています。

全体の話と個人的な話が混在してしまってわかりにくいないようになったかもしれませんが、自分たちの話に戻させていただくと、
イラスト・アニメでかわいいホームページ制作 株式会社ASTA(アスタ)
は売り上げ重視の大手の企業のホームページではなく、ちゃんと検索にヒットするならば「かわいい」ホームページを希望する少数の人たちに向けて仕事をして行こうと考えます。

「かわいい」は象徴的なキーワードとして決めましたが、「格好いい」も「きれい」も作れますよ!

JUGEMテーマ:インターネット
イラスト

株式会社ASTA(アスタ)のイラスト制作のページの文章を入れました。
http://grand-x.com/illust.html
これまた未完成のままですが、SEO対策診断ページのサーチファインダーhttp://www.webanalysis.ga-pro.com/で確認しながらキーワードの調整をしたうえで言いたいことをわかりやすく文章化する。

実は文章を書くのが1番苦手なのでここは苦労しますし時間がかかります。
よってそこそこまで書き終わったら次のページに移ります。
全体が調整できたらまた細かい部分を修正して行きますので、だらしないなんて言わないでおつきあいください。

だらしないで思い出しましたが、同じような理由でイラストのページやその他のページもですが、ヘッダ部分のタイトル画像がガチャガチャでうっとおしいと妻のmaoiからも指摘を受けています。
そうなんですが、ここのページで使うイラストをいったん集めてストックしておくのに使っていますので、しばらくの間は許してください。
ページの配分が決まってうまく整理できたらすっきりきれいな画像にします。

※この作り方は参考になさらない方が良いと思います。
 やっぱり原稿は先に全部用意した上でキーワード調整するのが正しいと思います。


JUGEMテーマ:インターネット
 
検索エンジンにヒットする大きな要素としてあげられているのがサイトのボリュームで、およそ100ページが必要だと言われています。
しかしはじめから100ページを用意することは現実問題として無理な場合も多く、20ページくらいから徐々に増やして行くという方法が良いかもしれません。
かりに100ページのボリュームが可能だったとして、出来るだけ1つのテーマで統一されていることが望ましく、リンクが次々連動している状態が最も効果を上げるとされています。

我が株式会社ASTA(アスタ)http://grand-x.com/には元々会社の旧ホームページhttp://asta.grand-x.com/が30ページ、ビジュアル版イラスト制作の過去の実績ページhttp://illustration.grand-x.com/が10ページ、ビジュアル版アニメーション制作の過去の実績ページhttp://animation.grand-x.com/が10ページ、ビジュアル版web制作の過去の実績ページhttp://web.grand-x.com/が10ページほどあり、ページ数だけではそれなりに準備ができています。
今回のホームページリニューアルでは「ビジュアル的にかわいくてもSEOに優れたホームページ」「いいねをポチされるホームページ」を実現することが目的なので、トップページからかわいいイラストをフィーチャーして、見て楽しいページ作りを目指しています。

ここからは言い訳のコーナーです!!
これらのページをご覧になった方はもうお分かりだと思いますが、全てのページがまだ半端な状態で未完成です。ここまで自社ページに手を付けられていない理由として、長い不況で仕事が減って目先のことで手一杯になっていることが原因ですが、そんな時こそホームページをなんとかしなくてはいけません。
ここ数年インターネットが営業の役割をする比率がぐんぐん上昇しているのは全国的な事実で、実店舗がなくても充分儲かっているショップも沢山あります。
僕たちはそんな企業のお手伝いをしてきたので大事だと言うことは百も承知なのです。

今日からコツコツページの文章を毎日追加して行きます。

ただ、運命的にたまたまこのブログを読むことになったあなたのために、技術的なテクニックを少しでも紹介して行きますので、株式会社ASTA(アスタ)のホームページが検索にヒットするようになることと重ねて体感してください。


JUGEMテーマ:インターネット
 
様々なSEOと言われるページ内外のテクニックの中に、最近ではどうしても捨てておけないFACEBOOKの「いいね」ボタン、twitterの「ツイート」ボタン、Google+などがあります。
そのページに賛同してくれた人が自分のFACEBOOKやtwitterなどに紹介してくれるものなのですが、もしも多くのフォロワーを持っている人が賛同してくれた場合には爆発的なパワーを持っています。
ボタンの設置方法はネット上に親切な方が多くいてわかりやすい解説をしていますので、ここでは触れませんが、SEOではまずページの存在を気づいてもらうため、そしてその後の広がりにつなげるためには「いいね」ボタンと言うことになります。

では「いいね」ボタンを押してもらうには? と言うことになると面白い、ためになる、人に教えたくなるページとなりますが、これまでに言われてきたSEOでは極端な言い方をする人もいて、見た目はどうあれ検索にヒットしなければ何にもならない、むしろ目を楽しませるイラストや写真なんかいらない、アニメなんてもってのほかという流れを作っていました。

でもこれからはその逆だと思います。
検索にヒットしたページが自分の求める物でなかった時のがっかり感は半端じゃないです。
思った通り、それ以上のページにあたった時には何とも言えない幸せに包まれます。

見た目にも美しい、かわいい、楽しめるページが検索エンジンにちゃんとヒットすると言うことを実証するために僕らは努力しています。


※今日の時点で比較的新しい検索エンジンBingでキーワード「かわいい ホームページ制作」で25位に躍り出ました。
このBingについてあまり詳しくはないのですが、ほかのものよりもクロール(巡回)のペースが早いのか? それともたまたま運良くあたったのかはわからないのですが、25位はうれしいです。
これだったらGoogleとYahoo!のクロール後にも期待が持てそうです。


JUGEMテーマ:インターネット
 
キーワードの設置、ページ内のリンクを入れてインデックス数を上げてサイトマップを作り検索エンジンにアピールしましたので、今度は被リンク数を上げます。

いくつかある自社コンテンツのホームページにリンクを入れ、それらに付随したブログにもリンクを張りました。
SNSなどにも入れたいところですが、外部にリンクをはれるものは少ないのでちょっと残念です。

外部からの被リンクを得るにはネット上にあまたあるリンク集のページにページ登録をすると言う手段もありますが、相互リンクを必要とする場合が多いのでそのホームページの方向性によっては善し悪しですね。
我が社の場合は特にそういう部分にこだわりはありませんので、よさそうなサイトがあったら登録してみても良いかな?

そして確実に効果を見込めるのがYahoo!カテゴリ登録です。
こちらは有料(審査料)で52500円と高額なので我が社は今のところ見送りです。
もしもビジネスに関係のないお金のにおいのしないホームページであれば無料ですが、審査が非常に厳しいと言われています。

このYahoo!カテゴリ登録のほかにも後発のJエントリー、クロスレコメンドなど何社か同じようなサイトが存在して同じように効果を上げることが出来ますが、いずれも有料で高いです。

ここで補足が必要だと思いますが、被リンクはページランクの高いページからされる方が有利です。高いページランクを持ったサイトからの被リンクはお金を出してもほしいと言う考え方になります。

貧乏な株式会社ASTA(アスタ)はとりあえず地道にやって行くことにします。


JUGEMテーマ:インターネット
 
ホームページのリンクを張り終えたらサイトマップを作ります。
このサイトマップとはサイト内のページ全てのリンクをまとめたものですが、sitemap.htmlというページを作っておいておくのも良いですし、Googleに知らせるためのsitemap.xmlというファイルをアップするのも良いでしょう。

htmlとは普通のページを置くことになるので、googleが巡回してきた時に気づいてもらうと言うパターンになります。一方xmlの方はサイトマップを作成-自動生成ツールhttp://www.sitemapxml.jp/ というサイトで作ったものをページに置いた上、Googleウェブマスターツールトイウページでサイトマップの追加という作業をします。

通常Googleは2、3週間に1度くらい巡回すると言われていますので、急ぐことがなければhtmlを作って待っていると言うのもありです。

株式会社ASTA(アスタ)のホームページには、これ以前に作ったページがそこそこあるので各ページからリンクすることとサイトマップを設置したことで、正しくインデックスがされると思います。

そして次に考えなければならないのは被リンク数です。
これは外部からのリンクの数で、ページランクの高いページからリンクされることでその効果を発揮します。
最も効果的なのはYahoo!カテゴリ登録をすることですが、ビジネス用のサイトが登録するのに5250円という登録審査料がかかるります。
今はすごく貧乏をして言うので出来ないのと、自力ではどこまで上げられるのかを見届けるためにもここは見送ることにします、

JUGEMテーマ:インターネット
 
株式会社ASTAのホームページの記事の内容をキーワードを意識しながら修正しました。
外部ページへのリンクも張ってこれでいったん文章的な内容はOKです。

設定したキーワード
かわいい 2回 → 11回
キャラ 5回 → 10回
イラスト 8回 → 16回
アニメ 11回 → 19回
SEO 6回 → 3回
ホームページ 15回 → 12回
WEB 9回 → 13回
制作 20回 → 16回
会社 1回 → 3回
ASTA 2回 → 14回
アスタ 1回 → 3回

いろいろな事情もあっておおむね増えたのですが中には逆に減ってしまったものもあるため、これから弱い部分のキーワードに関連した記事の内容を追加する事を考えます。

さらには見た目にかわいいのにSEOが効いているページがモットーなので写真などの追加でにぎやかに楽しくページを作ります。

さてトップページ内側の準備はだいたい良いとして、次に考えるべき事がGoogle、Yahoo!のインデックス数(認識しているページ数)を増やす事と、このページに対する被リンク数(外部からのリンク)を増やす事ですが、ここでまた参考になるサイトitomakihitode http://itomakihitode.jp/ です。
このサイトには有料サービスもありますが、今のところ無料サービスだけで満足しています。
特徴は目で見てページの問題点がわかりやすいところです。


JUGEMテーマ:インターネット
 

トップページにキーワードを10個設定した後に同じ要領で2ページ目以降のページにもキーワードを設定しました。
この場合検索エンジンへのアピールドはトップページが圧倒的に強く、その他のページはそれぞれの特徴に合わせたコアなキーワードを入れるようにしました。

キーワードはこのページにぜひ来てほしい人がおそらく検索するであろう言葉を予想していれるのですが、キーワードを設定しただけではヒットする可能性は低いです。
ここで設定したキーワードがページ内にある一定以上の比率(5%とも10%とも言われていますが絶対ではありません)で書かれている必要があります。
ページの内容を表しているキーワードと見なされれば検索にヒットするというルールなので、ページの文章をここで見直します。

そこで便利なサイトがサーチファインダーというページです。
http://www.webanalysis.ga-pro.com/

ここにホームページのURL http://grand-x.comを入力するとサイトにあるページそれぞれのキーワドがタイトル、説明文、本文にどれくらい含まれているかを一覧にしてみせてくれます。

設定したキーワード
かわいい 2回 0.42%
キャラ 5回 1.05%
イラスト 8回 1.68%
アニメ 11回 2.32%
SEO 6回 1.26%
ホームページ 15回 3.16%
WEB 9回 1.89%
制作 20回 4.21%
会社 1回 0.21%
ASTA 2回 0.42%
アスタ 1回 0.21%

となっていました。

さてこのキーワードを出来るだけ使った文章に調整をする訳ですが、全てを5%にすることは無理があります。
まずは文書的におかしなホームページになってしまう事が問題ですが、もっとシビアな部分としてあまりにも比率の多いキーワードはスパムとしてGoogleに蹴られてしまう事があります。その他にも同じキーワードを連続で沢山書く事もスパムの対象になったりするなど、検索の上位表示をさせるためだけの行為は逆効果となりますので気をつけなくてはいけません。

本当に言いたい事を言い回しを調整してキーワードを増やして行くという考え方をすれば良い訳ですから正しく公明正大にを実践します。
この場合5%に達する事は必ずしも重要ではありません。
なぜなら検索エンジンの順位は他の競合ページとの比較で決まるので、まずは無理のない形で文章を見直します。

JUGEMテーマ:インターネット