Live

あるライブのビデオ撮影をしました。
出演者の記録用なので大げさなものではありませんが、なかなか良い経験になりました。

ビデオカメラは高級なカメラを持っていないので、依頼主がサンヨーのXactiというカメラを購入してくれて前日にマニュアルを読み込んだ一夜漬けで望みました。

ライブの撮影はスチールでは随分経験を積んでいますがビデオでは殆どなく、最近のハイビジョンビデオカメラなどには触った事すらありません。
問題は露出で全体が暗がりになるため、オート撮影では人物が白く飛んでしまいます。
露出を固定すれば良いのですが、このカメラで露出を固定できるかがもう一つ分からず露出補正機能を使って撮影する事にしました。
それとズームやパーンなどの際にピントが外れたときに、オートフォーカスに時間がかかるなどで画面が辛いのを防ぐのにピント固定機能というのを使ってみました。

初めて使ったカメラなのでそれ以外の機能は危険を感じて使いませんでしたが、最近のカメラはなかなか優れていますね。

撮影後に知って残念だったのはデジタルズームをオフにする機能を使ってみれば良かったかな?と言う事で、ズームが予想外に早すぎてせわしない絵になってしまいました。

今収録したデータをビデオDVDに焼くために苦労をしています。
慣れたMACでの作業を試みましたが、古いソフトではハイビジョンがうまく書き出せませんでした。仕方がないのでWINDOWSで今再チャレンジ中です。
こちらはカメラ付属のソフトを使うので大丈夫だと思います。
それにしてもマシンも古いので書き出しに10時間近くかかるのにはまいりました。

撮影の時にPAのブースに入れてもらえたので正面から撮影できたのはありがたかったです。

JUGEMテーマ:エンターテイメント
 
1