2010年のお正月に我が家のベランダにはスズメが遊びに来て、すっかり枯れてしまっ­たプランターの花をつばんでいました。きっと食べるものがなくてひもじいのだろうと、­小鳥のえさを置いておいたらどんどんスズメは増え、ヒヨドリやメジロも来るようになっ­て満員状態。これではご近所に迷惑がかかるだろうと、春を待って餌を置くのをやめてハ­チミツだけを置くようになりました。
その姿を今、Ustreamで毎日生放送中ですので http://ustre.am/mzqO ご覧ください。 中継 7:00-18:00

ブログ「にゃんこな日々」 http://nyanko.maoi.jp/
ネコサイト「にゃんこに首ったけ」 http://cats.grand-x.com/

開店祝い花
2月3日に渋谷区初台に友人の婦人服セレクトショップ「ACQUA NATULARE」がオープンします。

STUDIO ASTAから花輪を贈ろうという話になって考えました。生花の花輪は数日の命でもったいないから、店内のディスプレーでも使えるように造花で自作します。

2008年に東京コンテンツマーケットという展示会に出展した際に使った造花のクオリティーの高さに驚き、その後にも写真撮影のために花を買った事があります。
今回の花輪もその手でいこうと四谷にある東京堂に出かけて花を選んできました。

花を飾るための台には前もって船橋のイケアで買ったイスを使い、今日は縄制作のテストをしました。

どうですか? 本物みたいでしょ?
本来僕らの趣味ではもっとクセの強い花になりますが、お祝い用なので先方の趣味を考慮して少々おとなしめになりました。

この一式を梱包し直し明日お店でもう一度作る予定です。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
チョキとダンボ
今STUDIO ASTA制作のイラストを一気に閲覧できるサイトを製作中です。

何を今更?
って感じですが、今までなかなか出来ませんでした。
集めてみるとこれがなかなかな量で、「描いたなぁ〜」と感慨深いものがあります。

製作中ですがこちらからご覧ください。
http://illustration.grand-x.com/
maoiの幻想動物物語
東京コンテンツマーケット2008にご来場いただき、株式会社ASTAの不思議の森ブースで立ち止まられた方に深く感謝いたします。

初めてのイベント参加のため予測もできませんでしたが、事前に用意したおみやげ(性格判断カードを含むASTAの資料など)200部もすっかり御持ち帰りいただき、ブース内でお話しさせていただいた方々も約50人にのぼり大盛況といえると思います。(実際には違うかもしれませんが、我々の対応能力的に良いサービスができる限界です)

みなさん優しいお言葉をいただいて大変励まされました。
こういうイベントなら何度でもやりたいなぁ。

今、名刺をいただいた方々にはお礼のメールを書いていますので数日中には届くと思います。

今回のイベントの趣旨はビジネスマッチングのためということでしたが、その点は予測不能ですが人は優しいとわかっただけで今のところ十分です。

ありがとうございました。

東京コンテンツマーケットに向けてアピール用の動画をyoutubeにアップしました。
TOUKYOUKONNTENNTSUMA-KETTO
STUDIO ASTAが10月27,28日に六本木ヒルズで開催される『東京コンテンツマーケット2008』に参加出展する事になり、今日はその説明会&スキルアップセミナーに行って来ました。

いろいろな話を聞くうちに「僕らが今一番ウリに出来るものはなんだろう?」「どうやって人にアピールすれば良いのだろう?」など、真剣に考える時間にはなったと思います。

自分でもあきれるほど色々な事をやって来た僕らですが、やっぱ今はキャラクターかな?
これに一番オリジナリティーが詰まっているような気がします。
小学校に上がりたての頃に漫画のコピーを描いていたのを最後に、ずっとずっと長年にわたってオリジナルの追求を続けて来たのです。そこを押さなくてどうするってもんです。

明日は今日の勉強をまとめてディスプレイのプロをやっている友人に相談です。ちゃんとギャラを支払って良いものにしてもらいます。
MAC OS 9.2-10.3-10.4夢の競演
これはくろけん自宅のマシン環境です。
この他に奥さんのmaoiさんのMAC miniもありますが、少し離れた場所にあります。
写真奥にあるPower Bookは最近まで3〜4年メインマシンになっていましたが、CDを認識しない、日本語変換が出来なくなる、バッテリーがチャージしないなどのトラブルが起きてしまったので、いよいよ引退勧告を言い渡すことにしました。トラブルはここ1年くらい続いていたのですが、買い替えるとなると高いものですし、だましだまし使っていましたが、今仕事でADOBE AIRを制作する依頼があったのでMAC OSを10.4にしなければならず、中古で手前にあるMAC BOOKを買うことにしました。今新品でマシンを買うとOSは10.5が標準なので10.4を使うにあたってはちょうど良かった訳です。
今回中古マシンを買ったのは初めてですが、良いかもしれません。
最新のOSを使うのはなかなか不安なもので、風評がOKと伝わってくるまでは踏み切ることが出来ません。
今回は面白いことになっていて、OS 9の環境でなければ作れないものも依頼されているのですが、料金が高くて捨てられなかった右奥のG4まで総動員です。マシンを起動するとあの頃の思い出が立ち上がりました。
osamu inoue
今回の生徒さんはOsamu Inoueさん。
日本でも5本の指に入ると言われている弁護士事務所の弁護士さんなのに、作曲、アレンジもこなすサックスプレイヤーでもありイラストレーターでもある多芸ぶりが面白い人物です。

僕にはアーティストとしての接点しかありませんので、気の良い友人としか思っていません。

今回はある旅行会社のパンフレットのイラストを頼まれたそうで、PHOTOSHOPでの彩色や印刷用のデータ化などの作業をやりに来ました。彼のイラストは独特の存在感があって面白いです。

ちなみにこのところ寺子屋あすたに勉強しに来ている八代さんとはどうやら知り合いのようですが、あえて今のままの状態で放置してみましょう。
kuroken@hojinkai
渋谷区の先輩方の前で会社のアピールをするくろけんです。

チラシはなかなか効果的で、
交流会でみんなが歓談する中、人目を集めることに成功しました。
ハイテクの世の中、こんな昔ながらの手法が新鮮かもしれません。

青森リンゴジュース
この季節はASTAの窓を開け放して事務所に風を通しながら仕事しています。

そんな打ち合わせ中の昼間の時間にベランダの向こうから訛のある声で「すみませーん」と声がかかりました。
そこには紺のハッピを着たお兄さんが一人立っています。
「わたし、青森からおいしいリンゴのジュースを売りに来たんです」という意味の青森弁。僕らは「はあ?」っと絶句。
東京でベランダの向こうから声がかかる事なんて滅多にありません。
火事のときかクレームの時くらいじゃないですかね?

でも一言二言言葉を交わすごとにちょっといい感じの記憶が蘇って来たのです。
僕くろけんは昭和30年代生まれでしかも田舎者です。
最近あの頃の日本の美しさをフィーチャーした映画等が流行っていましたが、僕の記憶ではもっと更に牧歌的で心の暖まる記憶が残っています。

ベランダの向こうからお兄さんが「ジュースいらんかえ?」なんてあって当たり前じゃないですか。
「ああ、んじゃ少し貰おうか」と頑固オヤジは珍しく応え「表にまわってくれ」と言って4本ばかり買います。

そんな訳で今リンゴジュースとリンゴ黒酢がASTAにあります。