我が家で22歳まで生きたネコのチョキの本のタイトルが正式に『天使になった全盲の奇跡の猫チョキ』と決まり、amazonで予約受付が始まりました。 著者の欄に「くろけん&maoi」とあるのはちょっと照れますが、嬉しいです。

くろけん&maoiの夫婦がまだ若く結婚もしていない頃からチョキは我が家で生活し、何匹もの猫が我が家に飼われて天国に行く姿を共に見送って来ました。 22年という年月はとても長くチョキには様々な姿を見られていたわけで、共に成長を遂げた仲間としての絆が出来ていました。 亡くなる前の1年間は緑内障のために全盲になりましたが、丁度その頃夫婦で自宅作業をする環境になり24時間完全介護が可能になったことで毎日が光り輝く奇跡のような日々に変わりました。
まだ元気なうちには河原に散歩に出たり、病気を研究し食事のことや健康について勉強もしました。
介護は苦しいのではなく楽しめるものだと気付いたのも、チョキという猫が我が家にいてくれたおかげです。
毎日身の回りを清潔にしてブラッシングを欠かさず身ぎれいで可愛い状態を保って、世話をすることが喜びになるようにまでなりました。
これはペットだけのことではなく、人の介護にも何かのヒントがあるのではないかと思います。

この本を読むことでそんなところが伝われば幸せです。

amazonへは http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048990055/teamasta-22/ref=nosim/
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL