JUGEMテーマ:インターネット

 

ショップオープンのために準備しなければならないことの一つに商品撮影用のカメラと撮影の知識があります。

もともと趣味などで1眼レフで経験があるという方はそのまま商品写真(ブツ撮り)の勉強をするだけで良いのでラッキーです。

そうでない方は理想は1眼レフと言いたいところですが、プロが使うようなものはとても高価なので費用対効果が望めません。

近頃ではとても良いミラーレス1眼レフカメラというものが出ていますので余裕のある方は手に入れてください。

1眼レフは強いが高いとおっしゃる方にもいわゆるコンパクトカメラの中で中級から上級の機種を手に入れればある程度良い写真が撮れますので、できるだけ「絞り」「ピント」「シャッタースピード」にマニュアル設定ができるものを手に入れてください。

 

写真が綺麗に撮れるということはショップで商品を最後の最後に購入ボタン押す際のきっかけになるのでとても重要です。

 

写真の腕をあげるためにも良いツールになるのがSNSです。

ブログやFacebook、Twitter、インスタグラムなどそれぞれ写真の投稿がメインとなっているため、人気を得るためにも美しい写真が撮れるように練習をする場所として最適です。

 

楽しみながら腕を磨いておきましょう。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL