旅猫 in Paris“ペール・ラ・シェーズ”からさらに東に向かい
着いた先はパリ市と郊外との境。
ここにちっちゃな丘の街 “ポルト・ド・バニョレ”が
あります。
パリは中心地から東に向かうと徐々に上り坂になっていて、ベルヴィルとかメニルモンタンとか
眺めのいい小高い丘になっています。

サクレクール寺院前の広場だけが眺めのいい場所ではなかったのです。

さて、ポルト・ド・バニョレ。
全体は小さな城塞のようで “えっ、こんなところがあるの”という驚き。
かわいらしい家々が100軒ほど建っています。
受け売りの話ですが、オスマンのパリ大改造の際に壊した建物の瓦礫で
この丘をつくり、中流階級のための住居を造ったそうです。
いわば人工の丘であります。
パリで一軒家に住んでいるのはお金持ちと聞きます。
庶民的な雰囲気の一角ですが、ここに住む人々もお金持ちなのかしら。

5分程度で一回りできてしまうこの住宅地では
素敵な場所だわね、なんて目配せをしながら
散歩にきていた中年の観光客ご夫婦2〜3組とすれ違いました。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL