旅猫 in Paris“緑の小道”のお散歩です。
バスティーユからヴァンセンヌの森に向かって
昔、列車が走っていた線路が遊歩道になっています。
始まりはオペラ・バスティーユ横の
植栽された小高い道から。
歩を進めると、途中にトンネルがあったり、
自然のままの切り通しがあったり、住宅地のアパートの間を通ったり、大きな公園があったり.....
高低差もあり変化に富んだ愛らしい小道です。

フランス人とはどんなふうに友達になればいいのか、クリストフの(
ことを考えながら、音楽と共に歩く歩く。
BGMはエミネムの “カーテン・コール” 元気のない時はヒップホップにかぎる、そして、緑に心を癒してもらおう。

花の都パリは、レンギョウ、山吹、チューリップ、水仙、八重桜などなど
春の花が真っ盛りで
風が少し冷たいことを除けば散歩には最適の季節でした。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL