今寺子屋あすたの生徒さん3名のカルテ作りをしています。
僕の考える塾ではこれはどうしてもはずせない作業で、その人が何を求めて今どのレベルにいるのかを正確に把握しておく事で的確に効率良い授業を進めてゆけると思っています。
これらの人にはその日に憶えてもらいたい事をまとめた簡単なテキストを制作します。
今はまだ手描きのメモレベルですが、10人、20人とそれぞれのデータが揃ってくればきっと様々な人にも当てはめる事の出来る良いテキスト作りが出来るはずです。
将来はその様々なケースにあわせたテキストの束が出来上がり、東京にある寺子屋あすたに来れない人でもそのテキストを手に入れるだけで目的を達成できる物になるのでは?と思っています。
MOCOteamASTAのホープMOCOちゃんが今日の生徒です。
彼女は普段の超アナログの生活とともにものすごい努力で今FLASHを勉強し、着々と自分のWEB SITEを作っています。
MOCO WORLD http://moco-world.com/

この時代、アナログのアーティストもWEBでの自己アピールが必須です。「俺はアナログ人間だから」ですんでいた時代はとうに過ぎ去って、誰かに作ってもらうのでも構いませんのでホームページに自分の思想や哲学、そして作品を載せてください。
人々は激安の電化製品を検索するようにアーティストも検索します。

何を隠そう僕らイラストレーターも昔は調べ物をしに図書館に行っていましたが、今やインターネットで簡単に画像を手に入れて描いてしまっています。
べたべたのアナログ人はこのページを見る事も無いと思いますが、身近にそんな人がいたらご紹介ください。僕がなんとか説得して楽しくコンピュータやインターネットを教え、ホームページを作る事を薦めます。
お金に余裕のある人は仕事として受けます。
あまり無い人には作り方を教えます。

若い頃は良い職人や技術者だったけど、コンピュータの出現で職を追われたり経済的にダウンしてしまったと言う話も多く聞きます。
そんな人も大歓迎ですよ。
この10年でコンピュータも易しくなってきました。
皆さんチャンスを逃さないようにしてください。
昨日はZ大の20歳の学生が4人ASTAの仕事の内容を聞きに来てくれました。
WEBデザインのことやFLASHアニメを勉強したいとの事で、お金のない学生さんにはASTAのインターン(ただ働き)制度を薦めました。
しばらくはASTAのHPや寺子屋あすたのHP、teamASTAのHPなど仕事に追われて進めることがなかなか出来ない部分を担当してもらいながら、実際に仕事をする事で技術を磨いてもらいたいと思います。

プロじゃないから発想できる『びっくり技』を期待しています。
昨日はミュージシャンのMさんがサーバーの移行とブログの設置をしに寺子屋あすたに訪れ、その友人の弁護士でサックスプレイヤー、イラストテーターでもあるIさんを紹介してくれました。
MさんのほうはもともとWEBデザインをやっていたので、さらに技術を磨いて本人のホームページを充実させる事と、その他にもASTAの持っている技術を習得してもらいます。出来ればいずれ寺子屋あすたの講師にもなってもらえればと思います。
Iさんはすばらしい才能をWEBを通してアピールできるように、ホームページの制作とイラレやフォトショップでの作品作りを憶えてもらいます。

もちろんこの2人はteamASTAに参加をしてもらいますよ。
昨日友人からの紹介で、ある外資系企業の方が『寺子屋あすた』の話を聞きに来ました。社内で冊子やリーフレットのデザイン、WEBページのデザイン&更新作業、などを進めてゆくにあたっていくつかのスクールを当たっているとの事ですが、もともと大手のスクールはDTPコース、WEBコースに別れておりそのカリキュラムもそれぞれ70時間、120時間と長期に渡っての授業を設定してあります。
これは学校がDTPやWEBの技術者を作るに当たって、どのような会社に入っても一通りのが出来るようにという点では当然の事だと思います。
就職を目指す人達にとっても入社した会社がどのような業務を中心にしていても、最低限基本的な知識を身につけておけばその会社に入ってから業務の理解度があがります。
ただ今回のように会社の必要とする業務を短期間で身につけるには、決まったカリキュラムを順を追って憶えてゆくこのスタイルは向きません。『寺子屋あすた』はまず来ていただいた方のカウンセリングをし、今何が必要で将来どのような事が必要になるかを相談して何を先に身に付けて行くかと言うことを決めてゆくスタイルでカリキュラムを決定します。

ここで少し自慢させていただければ、15年間近くこの業界でフリーとしてやって来た技術力と汎用性はこのようなイレギュラーな案件にとても役立っています。

まず今回のケースで言えば、これから冊子、リーフレット&WEB更新を始める担当者はWINDOWS PCでWORDを使える程度の初心者との事。
会社ではMACを導入し作業してゆく予定だそうです。
僕の決断はまずイラレから始めてもらう事が良いと思いました。
ちょっと知識のある方は、MACが初めてでいきなりイラレ?とお思いでしょうが、これには僕なりの計算があります。

まあ徐々にこの辺のところはここで語ってゆく事にしましょう。
今日はこれまで。
MOCO
機能は美人彫刻家のmocoさんにflashアニメの授業をしました。
彼女は来週から銀座の小野画廊で個展をするため、それまでに自分のホームページを完成させたいとの事で、意欲的に勉強をしました。
銀座「小野画廊II」
164-0061
東京都中央区銀座 1-9-8 奥野ビルF1.B1
現在制作中のホームページは
http://moco-world.com/
BLOG MOCO WORLD

彼女はSTUDIO ASTAが主宰するアーティストの団体teamASTAのメンバーで、このところ目覚ましい活躍ぶりです。
寺子屋あすたではアーティストのセルフプロデュースを手助けするteamASTAコースを設定しています。

インターネットを利用して自分でアピールする事が現代のアーティストには必須になっています。
drops
昨日は夕方から夜遅くまでFLASHの授業をしました。
今週の土曜日にteamASTAメンバーのdropsが渋谷でライブをやりますが、その会場のプロジェクタに映像を流すと言う企画でdrops専属のデザイナーにFLASHの手ほどきをした訳です。
彼女はとてもFLASHの筋が良く、昨日のうちに1つ作品を作り上げました。FLASHには感性と計算力の両方が必要ですが、見事にその能力は開花しました。

ライブでは僕もアニメーションを提供するとともに演出面で参加します。日にちは迫っていますが良いものを作りますので、お時間のある方は是非見に来てください。

drops LIVE
1月21日(土) 19:00 オープン 19:30 スタート
 渋谷公園通りクラシックス 渋谷区宇田川町19-5 山手教会B1F
 チャージ 2,500円 (1ドリンク含む/チケットはありません)
 出演: drops/武内洋子(vo), MIKA(pf)
     スペシャルゲスト/アジャンタ・フェルナンド(tabla)
寺子屋あすたに予約が入りました。
生徒は聾学校の先生で今後寺子屋あすたで手話のコーチをお願いしようと思っている青年です。彼はteamASTAにも参加していて僕の合唱団仲間でもあります。

今回はFLASHの授業です。

年末に沢山の人から「教えて」と言われていますので、そのうち予約が入る事でしょう。
寺子屋あすた
2006年になりました。
STUDIO ASTAでは「今年こそ何かしなくては」と考える大人の為の塾『寺子屋あすた』を開設致しました。
ここまで培ったWEBデザイン&制作、画像加工&制作、映像制作のノウハウをレクチャアーして、明るい未来を切り開くお手伝いをしてゆきます。
当面はお近くの方を中心に等塾までお出向きいただくことになりますが、ゆくゆくはネット上での展開を考えています。
MOCO
株式会社ASTAでは特別なコンピューター・スクール『寺子屋あすた』を開始しています。
今日は彫刻家のMOCOさんが自分のホームページ制作の勉強に来ています。

今この寺子屋あすたを必要としている人は多く、teamASTAを代表とするアーティストたち、WEBショップ・オーナー、同業者の中にも特に専門の分野を身につけたい人等、受講希望者は10名を越えています。

寺子屋あすたではまずその人が何を実現させたいのかを聞き、カウンセリングします。WEBショップで大儲けしたい人にはどんな能力が必要なのかを話し合い、その人の出来る事を聞いた上で最短距離で夢の実現を目指す訳です。

彫刻家のMOCOさんに必要なのはWEB制作の技術ではなく自分の作品を展示するホームページです。誰かに作ってもらえば料金が発生し、新しい作品を載せたくなれば追加料金が発生します。自分で作ればそれ以降の更新作業も自分で出来るようになり、無駄なお金を使わなくても良い訳です。

頑張れ!MOCOさん。