080515_meeting
一昨日の木曜に、イラストレーターのエサカマサミさんを迎え
MOCOさん主催で7月27日に開催される
Mass Reaction 1109の初回打ち合わせをしました。
MOCOさんからイベントの趣旨と概要の説明を受けました。
私たちASTAもアーティストを支援する組織として
積極的に協力し携わってゆく所存です。

詳細はこれからですが
興味を持たれた方はぜひご連絡ください。

ばら
9年めにして本格始動したグランドクロス・コム http://grand-x.com は日本のアートをもっと楽しくするという目的で活動をスタートします。
現在のページの構成はアーティストの紹介リンクページという感じですが、毎日コツコツ作業して、日本のアートの良心としての存在を目指します。
これ以上はやってもいないのに言えないので、大きなことは言いませんががんばります。

さてSEOですが、今回のフルCSS & XHTMLでのページをもっともっと最適化するために検索で見つけた、サーチファインダーというページのSEOチェックにかけてページのキーワードを調整します。
トップページは最もヒットしやすいページなので、一番ヒットさせたいキーワードを配置しておきます。
今はこのページの存在が世の中に知れていませんので、本題のアーティストやネットワークのほかにくろけんやmaoiというキーワードで人様にアピールします。まずは僕らが何か使用としていることに興味を持った人から始めようということですね。
これはまだ出だしだからですが、ページの内容が充実してきたらこれらは変化させる予定です。
トップ以外のページにもそれぞれのキーワードを配して広く網を張っておきます。

そして大事なサイトマップ・ページを作ってGoogle様にわかりやすくします。
ヒロ子
7月早々の日曜日から水曜日までASTAの社員旅行のようなもの…、で千葉の鴨川から行川に行ってきました。
正直僕らにとって泊まりがけの旅行は10年ぶりです。
この10年必死に働いてきましたが旅行をするような余裕も無く、家には3匹の猫がいる事を理由に旅行をせずにきました。

この旅行のキッカケは元TV局出身の先輩からの薦めですが、完全なリフレッシュが今僕らに必要だと判断しての事かとも思います。
制作畑で15年以上やって来ましたが、そろそろそれだけではない仕事をしなければならない時期を迎えて、考え方や方法論を軌道修正しなければならないわけです。

今回の旅行にはたまたまこのところ寺子屋あすたに通う女性ボーカリストのヒロ子ちゃんを誘って4人でのリフレッシュ旅行となりました。
太平洋を見、山の自然にふれあってひとつ得られたものは、彼女のようなアーティストを支援するために会社がやるべき事は、金儲けではなく嘘やごまかし無く、誠実に稼いでゆく事で、僕らが生きていれば必ずアーティストにとって良い結果が得られるはずだという自信めいたものです。

はじめます。
首都大学東京オープンユニバーシティポスターteamASTAのメンバーoba:obaが井の頭線の車内で首都大学東京オープンユニバーシティのポスターを発見して写メを送ってくれました。
これで合唱仲間が日比谷線で見たという情報から、2人目の発見情報です。
今回は携帯の写真付きですので、確かに存在している事がわかります。

予定では派手なギトギトした車内広告群の中で、ぐっと抑えて静かな迫力と不思議なオーラが漂っている筈のこのポスター、幻想動物画家maoiのイラストが見る人の心を癒す効果がある筈です。

やはりイラストレーターをやっているoba:obaは携帯で撮る事によって今頃何かの願いが叶って幸せになっている事でしょう!


photo by bash
東京都美術館
昨日から上野の東京都美術館でNAU 21世紀美術連立展という展示会が開催されており、僕と妻の2人で1点ずつ作品を出展しました。
STUDIO ASTAでもteamASTAという若手アーティストの支援(ちょとおこがましいです)を目的とした組織作りをしており、イベントの開催などもしてきましたが、経済的にピンチだったり逆に仕事が忙しかったりと、その活動自体がなかなか難しい状態です。
こんな所に友人の陶芸家から出展を薦められて思い切って仕事の予定を空けて制作してみました。
僕自身も随分とうはたっていますが、若手(売れてないと言う意味で)アーティストの端くれとしてまず自ら活動をする事で参加メンバーの奮起を促したいと考えた事も出展の動機のひとつです。

アートを仕事にしてゆく事は大変難しい事ですが、だからといってあきらめられるものではありません。個人的に細々と活動を続ける人達に光が当たるまで、あらゆるアプローチをしてゆきたいと考えます。

teamASTAをお知りになりたい方はhttp://teamasta.jugem.jp/
出展した作品については
TOKYO METRO ART
maoiと幻想動物たち
をご覧ください。
八千代銀行
昨日のお話は東京デザイン専門学校の先生お二方との顔合わせでした。
さすがは2人ともアーティスト。なんだか先生という感じではなくとても和やかに笑いの絶えない会談になりました。
色々と僕らの勝手な事情を聞いていただいたうえに、楽しいひと時をありがとうございました。

我々teamASTAも八千代銀行支店長のご好意で一等地にあるウインドウに作品を飾る事が出来ましたが、同じようにこの学校の生徒さんの作品も今ウインドウを飾っています。
ウインドウのサイズに合わせて飾り棚を作ってしまう所などはさすがですね。我々ももっと何か楽しいものを作って展示したいと思いました。

皆さんも是非ご覧ください。
ハチ公バスのうた
今少しずつ制作している『ハチ公バスのうたアニメ』はこの曲をより以上に楽しんでいただくために作っているのですが、それじゃもっと楽しく皆さんのご意見をどんどん取り入れて、みんなで作るアニメにしたいと思いました。ここをごらんの皆様もお好きな動物や人物をteamASTA BLOGにコメントとしてご紹介ください。素敵だと思われる物はどんどん採用させていただきます。
よろしくお願いします。
ハチ公バス
今日は渋谷からのハチ公バスの旅をしました。
長編になりますので、何度かに分けてアップします。
まずは始まり始まりー!!
渋谷ハチ公今日はASTAのWEB SHOPで使う郵便振替の口座を作るために必要な会社の登記簿を渋谷の法務局に取りに行く事にしました。
そうそうそういう仕事もやっているのですよ。

そのついでというか、その逆で幡ヶ谷の西原図書館にハチ公バスで行こうというアイデアとそれが相まって、渋谷区役所前から幡ヶ谷までのハチ公バスの旅に出る事になったのです。


なずは渋谷駅前で御本家のハチ公像にご挨拶!
ハチ公バスに描かれた『マンガ太郎』さんのゆるくてかわいい絵とは違い、凛々しいお姿!
「ハチ公バスのうたが全国に広まりますように…」

法務局まずは徒歩で公園通りを昇り、区役所、渋谷公会堂の先を左へ。
正直あまり好きな雰囲気ではない法務局の1階、証明書発行受付カウンターへ。
会社登記簿の発行申請用紙に書き込みをし、印紙1000円分を買い用紙に貼付けて受付に出します。
そして待つ事20分。お昼休みにかかってしまった事もあって少々待ちくたびれた頃、名前を呼ばれて出来上がった登記簿を受け取りました。

さあさあ、ハチ公バスの乗り場へ急げ!!

ハチ公バスさあ、ハチ公バスのバス停に笹塚方面行きの春の小川号と恵比寿方面行きの夕やけこやけ号がスタンバイ。
お腹がすいたので時刻表を確認しましたが、発車6分前ハンバーガーを買いに行く時間は取れないと判断しバスに乗り込みました。

このバスはなんだか乗っただけで子供っぽいワクワク間が湧いてきます。トトロのネコバスに乗る時はこんな感じなんだろうなぁ。
でもふと座席を見渡せば以外と普通に移動手段として利用している人が多いので、変に上がったテンションをそっと隠して出発を待ちました。

代々木体育館さあ、ハチ公バスのスタートです。
代々木体育館の脇を抜けて原宿方面へと走ります。

お話は横道にそれますが、僕が参加している原宿表参道欅会合唱団「音傳」という合唱団が、この代々木体育館で10月31日に行なわれる世界バレー大会の開会式のイベントを飾る事になっています。今まで出演したイベントの中では最大規模の物なので今から団員達は気合い充分です。僕を含めほとんどの人が素人のこの合唱団は今回の『ハチ公バスのうた』を作ったdropsという2人組みの参加以来、メキメキと歌唱力を身につけています。彼女達は合唱団のテーマソングも作曲してくれましたが、これがまたイイ。
僕が参加してから3年ほど経ちますが、おそらくこの曲が最も観客の心を揺り動かしていると思います。

ハチ公バス車内さて、ハチ公バスに話題を戻しましょう。
バスの中は意外と素っ気ない感じのバスです。一度乗ってしまえばキャラクターの描いてあるアトラクションの乗り物のような雰囲気は消えてしまいます。まあ普段の移動手段に使っている人達にはその方が良いと思いました。
目的地の幡ヶ谷に最も近い停留所はどこなのか、車内にある路線図を見ながら検討し、その時の判断では新国際劇場前で降りて京王線に乗って初台駅から幡ヶ谷というルートに決定しました。

幡ヶ谷駅幡ヶ谷駅に着きました。
これは後で気付いた事ですが、このルートは一駅分の電車代が無駄なルートでした。少し歩きはしますが、幡ヶ谷に行くのであれば『スポーツセンター・せせらぎ』という停留所で降りて歩くのが良いのではないでしょうか?

おっと、そもそもの目的をすっかり忘れていました。
幡ヶ谷の渋谷区立西原図書館に『ハチ公バスのうた』のCDが本当にあるのかをこの目で確かめたい。いえ、疑っていると言うのではなく、折角聴きたいと言う人が現れて調べてみたところそこにある事が分かったら、僕はいても立ってもいられません。
確かめに行って「ここにありますよ」って胸を張って言いたくなっちゃうたちなんです。

西原図書館駅から商店街を歩き遊歩道を過ぎてしばらく歩くと、角に電気屋さんのある路地があります。そこを右に曲がってすぐに見えるのが大きなマンションで「はぁ〜、豪華なマンションだなぁ」と見とれて見落としがちなその向かい側が渋谷区立西原図書館です。小さく地味な作りの建物ですが、入り口付近には休憩用のベンチが置いてあります。優しい心遣いなのでしょうね。区民の皆さんがそれをありがたがっているかどうかは計り知る事は出来ませんが、僕はこういう気持ちが大好きです。

入り口を入りCDの棚を探すとすぐに左側にサービスカウンターとCD棚を発見しました。

ハチ公バスのうたジャンルは『その他』発見しました〜!
感動です。

5月12日に渋谷区長に寄贈し、渋谷区民のために役立ててくださいと預けた気持ちがこうやって花を開き始めたと言う事です。
このCDの制作に関わった様々な人達の努力はとても気持ちの良い物でした。物を作ると言う事にひたむきな人が力を出し切って作り上げたこの作品を是非味わってください。

そしてこれらの人達の活動ぶりはteamASTA BLOGに書き続けますので、コチラもお楽しみに!
渋谷区中央図書館
ハチ公バスのうたのCDを図書館に置くという話があったまま特に連絡がありませんが、先日eriさんと言う方が図書館に行ってみると言う書き込みをくれました。
ふと不安になったので渋谷区中央図書館まで行って確認してきました。

が、受付で検索してもらった結果コチラの図書館には無く、幡ヶ谷の西原図書館にあるのだそうです。
「取り寄せになります」だそうです。
お願いです。渋谷区の図書館は8カ所ありますが、全館に置いてもらえませんか?

それまでは
渋谷区立西原図書館
渋谷区西原2-28-9 03-3460-8535
までお出かけください。
遠い方には申し訳ありませんが、何れどなたにでも手に入るよう努力中です。

その帰りに去年の11月に起業パーティーとmaoiの幻想動物物語展でお世話になったお店『ZIPANGU』に行きお昼ご飯を食べました。
ここのご飯はいつでもウマいです。
ZIPANGU
このお店にはデザイン専門学校の生徒さんの作品を定期的に展示しています。僕も同じような主旨で色々と活動をしていますので、何れ手を組んで若手アーティストの支援をしましょうと語り合いました。

ハチ公バスのうたアニメにキャラクターを続々と追加中です。
まずはこの曲を作詞作曲したdropsのMIKAネコとうたのチューリップHIROKO。まだまだ面白くなるよ!

詳しくはコチラ!