ハチ公のうた
先日制作した『ハチ公バスのうた』をインターネットで流す事の許可が出ましたので、僕たちは勝手にアニメーションをつけて皆さんに聴いていただけるようにしました。
アニメの方はまだ制作途中で、仕事の合間に徐々に作り込んでゆきますが、是非早く皆さんに聴いてもらいたいと思い露出しました。

お聴きになりたい方は
コチラのページ
でお楽しみください。

この『ハチ公バスのうた』で作詞作曲・うたを担当するdropsの活躍ぶりはteamASTAのブログでご紹介しています。

さらにdropsを知りたい方はコチラ
MOCOMOCO WORLDに行こう!
若く美しく、オヤジの心を持つMOCOの作る世界は、砂浜の上のエロティシズム。

または準備中の母の胎内。











MOCO両性具有の粘膜が震える。
















ドドドド…
MOCO

ドカーンと彼女は笑った。


銀座「小野画廊II」
164-0061
東京都中央区銀座 1-9-8 奥野ビルB1

この個展への道はteamASTA BLOGへ。
オンデン
仕事の締め切りを終えて、昨日は新日本フィルのチェリスト『國枝純一さん』の演奏を聴きに行きました。その模様はteamASTA blogに書きましたが、その生演奏を企画し僕らを誘ってくれたのが僕も参加している『原宿表参道欅会合唱団「音傳」』の団長です。
僕は3年前にこの合唱団に入団しましたが、当時のレベルはちょっと微笑ましい物でした。ですがこの3年でメキメキと実力をつけたこの合唱団、当初の『理屈こねるより楽しくやろうぜ』の精神を保ちつついつの間にか観客に感動を届ける事の出来るハーモニーを生み出すようになりました。
そこで僕は楽譜の読めない人(実は僕もです)のための耳で聞いて憶えるCDを制作しました。
この合唱団は『下手でも入団可能』というお約束があり、団員の人柄の良さで新入団者もすんなり馴染める雰囲気を持っています。でもこのところとてもレベルの高い曲を練習しているため、始めての人にはちょっと敷居が高く感じる事があるように思いました。

このCDには実際に団員が練習で歌った生録音が収録されています。
プロの立派な歌ではなくリアルな今の合唱団を聴いて憶えてもらえればすぐに馴染めるはずです。
もう既に歌える人にも自分の声が全体に馴染んでいるのかをチェックするために良く、さらにレベルアップがはかれるのです。

この合唱団に入れ込むのも僕の仕事の一環でもあります。
あらゆるアートに触れ体験し理解を深めてこそ本当の仕事が出来るんだ!ってなもんです。
中国茶
一昨日の日曜日にPEACE QUEST 2006 ガーナに行き、チャリティーオークションで買ったお茶は定価2万という中国茶です。
買った値段は3000円。
随分お得な買い物でしたが、とても美味しくいただいています。
中国茶
PEACE QUEST 2006 ガーナとは友人のTBSアナウンサー秋沢淳子さんが理事をやっているスプートニクというボランティア団体のイベントで、スリランカとガーナの子供たちに勉強道具をあげよう!という主旨の活動をしています。

僕たちも微力ながらロゴのデザインやポスターのデザインで協力させていただいたり、コンサートにビデオ係で参加したりしていましたが、今回はスタッフも充実していて観客の一人としてチケットを買って参加しました。このイベントも徐々にですが盛り上がって来て大変楽しかったです。
詳しい内容はteamASTA BLOGにも書きましたのでそちらもご覧ください。
drops昨日はdropsの2人とASTAスタッフで300枚の自主制作CDを作る作業をしました。
こうやってみるとまるで手内職です。

原宿表参道欅合唱団「音傳」でお世話になっている瀬戸先生発案、drops&原宿少年少女合唱団うた、スタジオASTAデザイン。
その内容は5月10日まで秘密です。
機能はCD盤面のプリントが200枚までしか出来上がっていませんでしたが、このゴールデンウィーク中に300枚が出来上がります。

この話があった時にSTUDIO ASTAとしては、本当に好きな人達が集まり、力を合わせて作り上げる作品なので「歴史に残る」ものにしよう!と、頑張ってみました。

この数年、『起る事は全て関連している』という実感があります。
この経験は何かに繋がっているはずで、僕たちはそれが何なのか今から楽しみです。

原宿表参道八千代銀行
今このブログでtakamiさんが連載中の『パリのみやげ話』の挿絵で使っているmaoiの『旅猫』のポスターが、原宿表参道交差点にある八千代銀行のショウウインドウに展示されています。
お近くにお立ち寄りの方はよーくご覧ください。
けっこう可愛いよ!
632中庭朝、出るのが少し遅くなったので、どうせ遅いのだからと明治神宮前で途中下車し夜の時間帯に馴染みのカフェ632で昼食をとる事にしました。
お天気も良く暖かい日を楽しむにはこのお店は最高です。
毎日締め切りに追われてせわしなく働く日々ですが、時間がないという思いが制作物に悪い影響を及ぼさないようにこんな時間を持つ事は良い事だと思います。
お店の中庭には犬を連れた女性がゆったりとお昼を楽しんでいたり、お隣の席では編集者らしき女性が絵本のデザインラフを広げて何やら思索にふけっています。
僕もスケッチブックを取り出し、1枚イラストを描きました。
お腹がいっぱいになって気持ちも良いのでそのまま歩いて明治神宮の森を抜けてスタジオへ。

さあ良い仕事をしましょう。
代々木八幡宮先日『ハチ公バス』の個人的取材でたまたま立ち寄った『代々木八幡宮』、ここには霊的なエナジーをびんびん感じた。
僕にはいわゆる霊能力、超能力はありませんがここでは感じました。
アスタ出勤時にお天気が良い日に明治神宮の脇にある森の道を良く通りますが、ここでも木々の持つ若々しいエナジーをもらい仕事に良い影響をもらっています。『代々木八幡宮』ではそれとは違った重さのある大人なエナジーが静かに流れていました。

神が宿っている場所だからという感覚は僕には良く分かりませんが、大昔からそこに存在する木々の持つパワーを身体いっぱいに吸い込んで創作の糧にしたいと思いました。
プリンス先週金曜日に『ナルニア国物語』を観に行ってきました。
混んだ映画館がきらいなので朝一番のお気に入りの品川プリンスシネマ、プレミアム館を選択。入ってみたらなんと貸し切り状態でした。
2500円は高いというご意見もあるでしょうが、本当に集中して映画にのめり込める空間はなかなか得られるものではありません。
子供が泣いたりギャルが騒いだり、前の座席がアフロで見えないと言うことはここではあり得ません。ゆったりとしたシートに両肘が置ける肘掛け、飲み物と食べ物が置けるトレイが
完備で足を伸ばしても前の座席に迷惑をかけることもありません。

とはいえこの僕も、日本の映画館は高いと感じています。
映像・アニメーションを業務でやっている我々は週に2回くらい映画館に行ってもいいかな?と思っていますが、忙しいせいもあってなかなか行くことが出来ず月に1度行ければいいほうなので、このくらいの贅沢は許すことにしています。

本心では一般館1000円、プレミアム館1800円が適正だと思っています。こうなれば月に2回行けるかな?


今年からASTAにインターンとしてスタッフになったYUKIZOのLIVEに行ってきました。

声質が良い!

今締め切りに追われているので、後日報告します。
ミュージシャンだから顔出し大丈夫だよね…、ダメなら連絡してね。