google
昨日ASTA CO.,LTD.のホームページにSEO対策の第一歩CSS & XHTMLを施しました。実は以前にトップページだけは手を入れておいたのですが、いよいよ全ページをシェイプアップした訳です。
SEOに明るい人ならばお分かりかと思いますが、このCSS & XHTMLの組み合わせでページを作る事によって通常のHTMLの時よりもソースのタグ数が大幅に減る事になります。その主な原因はテーブルの多様から逃れる事が出来る事が大きいでしょう。
結果それによってソースの全体量が減ってページ内にあるキーワードの比率がアップするという訳です。

昨日google検索で「web flash 制作」と入れてみたところ30ページ目にASTA CO.,LTD.の制作実績ページがヒットしました。
このページは古いHTMLで作ってありましたが、仕事の経歴を入れていたのでWEBというキーワードの量が沢山あったからでしょう。
トップページには今のところ文章が少なくキーワードの数もほとんどありません。これからその辺のところを意識しながらキーワードのバランスをとってゆく予定です。
SEO、SEOとなんだか強欲な事ばかりでもなんですのでこれを機会にちょっと面白いページにしてみたいとも考えています。
このページを作った1年前の段階では「会社のページだしクライアントが見ておかしくないように」と、ちょっとばかり堅苦しい事を考えていました。でもよく考えてみると僕ときちんと付き合ってくれているクライアントは、僕の普通じゃない部分に面白みを見いだしてくれています。

無意味なルールに囚われず、明るく楽しく、非常識な会社でも良いか…ってね。
さあ、どんだけ面白いページが出来上がるか、乞うご期待!!
fj's
3月1日にピアニスト深町純さんのプロデュースによる「Cafe & Livespot FJ's(エフジェイズ)」のホームページがオープンしました。
勿論制作はSTUDIO ASTAです。
このページについては第一弾と言う事で割合早くから着工していたのですが、このページに関わっている人達のスケジュールが忙しいことなどもあってゆっくりとしたペースでの制作になりました。
我々としてはCSS & XHTMLの勉強を進めながらという状況でしたので、実際に仕事の中での経験を積む良い機会になっています。
1月からの勉強は進みこのページのCSSは現在では少々煩雑に思えるものになっていますので、何処かの時期にもっと整理された論理性の高いものに書き換える予定です。

CSS & XHTMLでのWEBデザインで気をつけなければならない事はデザインが画一化しやすい点です。この作り方では論理的に整理されたものがソースを美しくしますが、ユーザーに取っての美しさを得るためにはあえて無駄を作り遊びの部分を表現する必要があります。
それが出来るようになるためには、まずCSS & XHTMLを完全に支配下に置かなければなりません。

我々はその仕上げ段階に入ります。
ASTA
CSS & XHTMLの勉強のサンプルとして自社ホームページを変更する事にしました。
現在の株式会社ASTAのホームページは従来のHTMLで制作されています。
ソースを見る事の出来る方はTABLEとspacer.gifの嵐になっている事がお分かりになると思いますが、今までデザインを固定化させるためにこのようなやり方をする事が常識でした。
今後はその部分をCSSが受け持つ事になる訳です。
何故そのやり方が良いのかと言うと論理的構造という事なのですが、デザイナーである僕にとっては非論理だって良いんです。
その部分ではなく今後僕がこのやり方に路線変更する理由はSEO対策のためになります。
TABLEのタグはどんどんソース内で増殖し膨大な量になってきました。本来検索にヒットさせるべきページの内容量に比べて、その比率は不利に働いています。
それをCSS & XHTMLに変更する事で画期的に検索へのアピールに足るだけのバランスを得る事が出来ると言う訳です。
現在まだまだ様々なブラウザーのバージョンによりバグが発生し、そのバグに対しての対策を施さねばなりませんので、手間ひまはかかりますし工夫をしないでCSS主導のページ作りをしてしまうと四角四面の面白みの無いデザインになりがちです。
この部分をいかにデザインしてゆくかの裏技を沢山憶えて研究してゆく事が今後のデザイナーの仕事になってゆくと思います。

今回の株式会社ASTAのホームページは比較的四角四面のデザイン系ですのでサンプルとしてはちょうど良いと言えるかも知れません。
来週にはまずトップページの変更を計画していますので、興味のある方は今の状態と見比べてみてください。
みなさんJRANKに登録しましょう。
何故?それはここまで書いた記事を読んでいただければ明白です。
今teamASTAの皆さんには人気BLOGランキングをお薦めして、登録している方が多数います。
僕は毎日メンバーのランキング投票を自宅と会社でクリックしていますが、このJRANKは出来て新しいのか、1週間も経たずに1ページ目に表示し、そしてそのページのページランクは高いです。
今日はちょっと二日酔いで書いて置いますので、おかしな文章になりますが、きっとこの登録はあなたに良い結果を生み出すと思います。

なお、僕はJRANKのまわしものではありません。
SEO、SEMの本の読み直しを終えました。
仕事や様々なイベントなどの合間の時間、主に通勤の電車の中で読んでいたので少々時間がかかってしまいました。

僕が数年前から仲間のアーティスト達の活動を助けようと始めた、teamASTAの仕組みがビジネスモデルになると評価されたため、それならば嘘をつかないためにと勉強のし直しをした訳です。

その資料作りのためにこのブログを使ってゆきますので、これから少しの間は初歩中の初歩のお話をさせていただく事になります。
「私はアナログ人間だから」では今後生きてゆきにくい時代なんだと言う事を、相手を傷つける事無く理解してもらうためのお話から始める事になります。
大企業の企画書のように大手リサーチ会社の数値を元になんて事が出来れば良いのですが、僕のレベルではそうもいかないのでネットでの調査になると思います。これがどれだけ本当のデータなのかを良く調べてからでないといけないですね。

まずは素案を書き上げて色々な人の意見を取り入れてゆこうと思います。
ブログランキング teamASTA 11/26 登録 PAGE RANK 3
ビジネスブログランキング ASTA BLOG 12/4 登録 PAGE RANK 3
ビジネスブログランキング maoiと幻想動物たち 12/7 登録 PAGE RANK 3
ビジネスブログランキング TOKYO METRO ART 12/8 登録 PAGE RANK 3
ビジネスブログランキング ASTA SHOP BLOG 12/9 登録 PAGE RANK 3
ビジネスブログランキング くじらの見る夢 12/9 登録 PAGE RANK 3

JRANKというブログランキングページにteamASTAを登録して2週間になりますが、SPAMメールもありません。健全なランキングページのようなので、上のブログを次々登録しました。
このページのウリの部分は静的リンクのためにアクセスアップに効果的であるという事です。
この静的リンクをちょっと調べてみましたが、難しくて理解は出来ていません。僕なりの感じでは静的リンク以外のリンクはCGIやPHPなどのプログラム的なリンクなので、ページランクを受け渡すリンクにはならないと言う事ではないかと思いました。

最近アクセスアップの勉強をするまでは、ランキングページとはそのランキングをアップさせて目立たせ、そこからの集客を目指すことを目的とするページだと考えていました。
が今はそのランキングページに表示させてページの持つページランクからのランクの受け渡しを受けるためと考え方が変わったのです。もともとランキングページには流しの客は来ないと言われています。ランキングページから訪れる客は同じカテゴリーに登録するブログ制作者が大半で、本当に見てほしい人はGOOGLEやYAHOO!などの検索エンジンからやってくるということです。
その検索エンジンにさせるにはページランクを上げる事が今の所最も効果的な方法とされていますので、外部のページランクの高いページからリンクを張ってもらう事が重要です。
このJRANKというランキングページが言う静的リンクがその効果を持っているのであれば、是非いただきたいと思う訳です。

ちなみにその静的リンクという仕組みのせいなのか、このランキングで上位に表示するための投票は「投票ボタン」をクリックする事で実行されます。他のランキングページではそのページに張ったリンクボタンをクリックして、ランキングページを開いた時点で投票されているようなので、この点でも違いがあります。
今このJRANKに登録してみて気付いた事は、ここに登録した人の中で、毎日投票ボタンをクリックしている人が少ない事です。
上位に上がっている人の投票ポイントは600前後またはそれ以上あるのに対して20位くらいにいる人達は数10程度のポイントです。
僕は登録後毎日クリックしていますので、あっという間に上位にまで駆け上がってゆくのを楽しんでいますが、このJRANKに登録している方がもしこのブログをご覧になっていたら、是非毎日クリックする事をお薦めします。

今1位に表示されているブログは2つですが、そのうちに大半のブログが1位に上り詰めてしまいそうです。
僕が必要としているのは1ページ目に表示する事で、1位を目指してはいません。どのランキングページもそうですが、上位のページのページランクは3〜4と高く、2ページ目以降はだんだん下がってゆきます。ページランクを安定させるためには1ページ目にいる事が必要な事なのです。
そして今後このランキングページに登録者が増えて、ページランクの高い競合達が集まった時にそれぞれのページランクはアップするはずです。その時まで1ページ目に表示するよう精進すると言う訳です。
JRANK
みなさんgoogleのツールバーは搭載出来ましたでしょうか?
まだの方はgoogleについてのページからダウンロードしてみてくださいね。
ここからのお話はこのページランクを見ながらでないと良く分からない話になります。

身近なページでページランクの高いページはteamASTAdropsの日記がページランク4という数値になっています。
teamASTAのブログについてはSTUDIO ASTAが結構必死になってランクアップの試みを施していますので、この数字はその結果であると考えられます。一方dropsの日記ページは失礼ながらその原因はまだ不明です。勿論この女性ユニットは素晴らしい音楽を作り上げるミュージシャンですので、その評価?という事でしょうが、このページランクと言うシステムには感情はありませんので、とてもページランクの高いページからリンクを張っていただいているのでは?と考えます。これに関しては今後調査をしてゆくつもりですが、折角なのでこのページをもっと活用してゆくように彼女達にはお話をします。

そして今最も研究調査をしなければならないブログがKIYOねえのニューヨーク生活です。
実績においてはteamASTAを遥かに上回る更新頻度とアクセス数があり、内容についても大変面白いページです。
このブログのページランクが3である事の意味がまだ良く分かっていません。
実はこのページは普通なかなか出来ないYahooのカテゴリーに登録もされていて、それは非常に有利な事だと思っていました。
では何故?とそのYahooカテゴリーを見に行った所、ひとつ気付いた事があります。
彼女が登録されているYahooのカテゴリーはとても深い所にあり、トップ > 地域情報 > 世界の国と地域 > アメリカ合衆国(米国) > 生活と文化 >というページでした。
Yahooのトップページはページランク8という驚異的な数値ですが、そのページからカテゴリーを下がるごとにそれは下がり、彼女のページが掲載されているページのページランンクは2でした。
このカテゴリーにはnewのマークがついていて、まだ新しい事を示しています。おそらくはそこに原因があるのでは?と思います。

上の画像はアクセスアップに効果的と言われているランキングページ「JRANK」に掲載中のteamASTAASTA BLOGMAOIと幻想動物たちの表示画面です。このランキングページではそのページの画像がサムネイル化されて表示しますので、奇麗な状態にしてから登録する事をお薦めします。それともう一つバナーの表示もしてくれますので用意すると良いと思います。可愛いバナーならば自分のページに張ってくれる人もいるかも知れません。
今日はSTUDIO ASTAが運営するアーティスト集団teamASTAのメンバーのブログを例にとりながら研究を進めてゆきます。
一つは2年前に発足し現在毎日1000人弱のアクセス数を誇る人気ブログ「KIYOねえのニューヨーク生活」
もう一つはSTUDIO ASTAのスタッフで1ヶ月前に立ち上げたばかりで1日のアクセス数30人くらいの「taille36」です。
この2つのブログは毎日更新される優良ブログですが、何故かその状況にははっきりとした差が生じてしまっています。

今日は朝から仕事のため帰社後に続きを書かせていただきます。
イメージJRANKのページに画像が表示しましたので、あまり意味の無い画像を載せても大丈夫です。
何故ページランキングページに登録するのかと言う事を現時点で考えると、ランキングページからのお客さんを見込むと言う考え方があると思います。ただこの考え方にはちょっと疑問があり、はたして自分のページに来てほしい人がそのランキングページに訪れているのか?という事です。どんな人がそのページを見ているのかは想像でしかありませんが、同じ主旨のテーマでブログなどを運営している人なのでは無いでしょうか?まあ、いわばライバルと言う事になります。

もう一つの考え方が僕に生まれたのは最近の事ですが、ページランクを上げる要素の一つにする目的です。
このページランクはGOOGLEが判断した各ページの重要性というもので、10点満点で評価されています。

この評価を見るにはGOOGLEの「GOOGLEについて」というページからGoogle の様々な使い方へ入り、ツールバーのダウンロードで誰でも手に入ります。
これを自分のマシンのブラウザ(インターネットエクスプローラーやファイヤーフォックスなど)に搭載して、色々なホームページやブログを閲覧するとそのページのページランクが分かるようになります。
まず試してみてください。
ここで一つのポイントですが、インストールの際に「利用状況をGOOGLEに送信?」というようなチェックボックスにチェックを入れる事です。これはおそらく自分が閲覧した軌跡をGOOGLEに報告すると言う意味だと思いますが、是非チェックしてください。自分はエッチなページも見にゆくしなぁと言う人もですよ。見に行っても起られる訳ではありません。相手は単なるプログラムです。
何故それが重要かと言うとGOOGLEは1日に2度以上同じページを見にゆくという事は、そのページには重要な要素があると判断するからだそうです。これを能動的にGOOGLEに送信する事が出来る訳ですから、毎日自分のブログやホームページを2回見にゆくだけでGOOGLEに認めてもらえるのはありがたいでしょ?


さて、ページランクとはに戻りますが例えば僕らが運営しているteamASTAというブログのページランクは現在4です。このページからリンクを張られるとそのページランクからランクの配当を得られる事になっていて、これはそのページから張られているリンクの数で均等割した数値になっています。ページランクが高くてリンク数の少ないページからリンクを張られる事が、自分のページランクを高めるコツと言う事になります。

ここまで書いた内容はページランクを知り、それに興味のある人には分かる話だと思いますが、今後はもっと初歩的な事から分かる内容も書いてゆきますので、チンプンカンプンな人もお待ちください。

僕らはアーティストの集団をネットから売り出したいと考えていますが、彼らには最も苦手な分野です。今やろうとしている事を彼らが理解してくれるようであれば、誰にでも分かる自己プロデュース法が出来上がると思います。

ネットの社会では(現実社会でもですが)最も人の集まりにくいアートという分野でどこまで実現出来るのか、僕らはドンキホーテになって闘います。
2
2日続けて同じ絵を出しているのは昨日登録をした「JRANK」というランキングページにトップページの画像が表示するのを待っているからです。
この手のページには始めに登録した時にある画像が使われ続けますので、出来るだけ目を引く感じにしておきたいと言うのがその理由で、この絵がどうなのか?というととりあえず「何?」って感じがするのでは?と思っています。
このランキングページを薦めていたアクセスアップの事に関するページをブックマークし忘れていて後日探しますが、このランキングページの良い所を2つあげておきます。
一つは登録後(teamASTA)1週間を過ぎてもSPAMメールが来ません。
これは当たり前なのですが、以前あるランキングページに登録後怒濤のSPAMメールに悩まされてしまいました。一度登録されてしまったらランキングを解除してもあまり意味は無いだろうと、必死に耐えていましたが、人に紹介するにあたっては迷惑をかける事になりますので、数日前にページから削除しました。
もう一つは比較的上位に上がりやすいと言う事です。
我々はSTUDIO ASTAの関連のブログの全てのランキングページを全て、毎日2度ずつクリックして順位をアップするように努めていますが、このランキングに登録しているユーザーは意外とのんびりしているようです。teamASTAは芸術全般のカテゴリーに登録後1週間で3位になりました。

このteamASTAブログは先週急激にアクセス数をアップしましたが、このランキングに登録した事の他に、フィードを設置、フレッシュクロールの対象になっている事を知って毎日記事のアップを心がけている事のいずれか(またはその全て)が効果をよんでいるのだと思います。

明日からもこの検証は続けてゆきますので、参考にしてください。