首都大学東京オープンユニバーシティポスター
時を同じくしてSTUDIO ASTAのスタッフtakamiも井の頭線の車内で「首都大学東京オープンユニバーシティ」の月と羊を目撃!

携帯で撮影したら「科学者のエド」に遭ったそうです。
僕はエドを知りませんが、きっと良い事なのでしょう??
首都大学東京から電車内広告の刷り上がったポスターが2枚届きました。

皆さんこのポスターを電車の中で見かけたら携帯で撮って待ち受けにしましょう!
願い事が叶うかも知れませんよ。

今月に入って毎日電車の中で探していますが、幸運の月と羊には出会えません。一体どこに貼ってあるのかと思っていたら先日日比谷線に貼ってあったとの情報がありました。
路線によって時間差をつけているのでしょうか??
今月東京都内の様々な電車の車内に我々が制作したポスターが貼り出されている筈です。
というニュアンスは僕自身まだ見かけていません。
ものは首都大学東京(元都立大学)の生涯学習オープンユニバーシティのポスターで、teamASTAの筆頭イラストレーターのmaoiさんと幻想写真家rashさん、あらすじ.comのpicozoさんのコラボレーションによる「学ぶ事、その師に出会う事」の素晴らしさを表現しています。

・京王線、井の頭線・都営新宿線・有楽町線・千代田線・東西線
・東急東横線・東急目黒線・東急世田谷線・東急大井町線
に乗られる方は是非ご覧ください。

maoiの幻想動物物語
maoiと幻想動物たちブログ
PIPEDREAM別館
ブログあらすじ.com
ガイドブック
CSS & XHTMLとFLASHのACTION SCRIPTを勉強すること1ヶ月。
さらに作業効率のアップと仕事のクオリティーアップのために、いよいよAdobe Creative Suite® 2 PremiumとMacromedia acromedia Studio 8の導入を決意しました。
今CSSに関して最もサポートの進んでいるDreamWeaver8を習得して、手書きしている部分の効率アップと何れ人に教える事を想定した勉強をしてしまいます。FLASH 8に関しても今後ビデオを取り込んで映像を絡めたWEBコンテンツが注目される事に対応出来るよう、そして独自の作品発表の場を作るためにも必要だと思います。
それに伴ってIllustrator CS2、Photoshop CS2の導入もする事にします。

会社としては随分遅い導入だと感じていますが、ソフトは高価でなかなか手のでないものです。どのタイミングで導入するかはその後の経営状態にも大きく響いてくる事なので、ここまで引っ張ってきました。

STUDIO ASTAは儲け主義ではありませんので余裕はありませんが、今後の作品作りや仕事においてクオリティーを上げてゆくためには今だと判断した訳です。

さあ、これからは各ソフトの勉強です。
ツールの位置がちょっと変わっただけでパニックになってしまうものなので、今から勉強勉強!
FLASH action script
昨日からCSS & XHTMLを施した株式会社ASTAのホームページをスタートさせました。
http://asta.grand-x.com/
googleで「ASTA」検索すると今は1ページ目の上から9番目に表示していますが、この新しいページがどの程度上に昇ってゆくのかを見守ってゆきたいと思います。
新しいページにはまだ検索にヒットするキーワードがあまりありませんが、少しずつ会社の業務説明の文章を追加し、最新情報とトピックスを充実させてゆきたいと思います。
過去のHTMLページをご覧になりたい方は
http://asta.grand-x.com/index1.html
でどうぞ。
ソースの量が大幅に減少している事と<h1>タグを使ったキーワードを含む文章は画面上の表示を避けて画像を代わりに表示させています。

さて仕事はSEOばかりではありません。
今あるオンライン・ゲームのWEB用FLASHを制作していますが、FLASHでゲーム音楽を大量に聴く事の出来るページを作ると言う案件です。おそらく200を越えるmp3の音源をFLASHに抱え込んでしまうとあまりに重すぎるだろうと思いますので、外部に音源を置いて読み込みながらストリーミング再生(通常は読み込み後に再生)をさせるようにしたいと思い、本とネットで勉強をしながらの制作でした。
そして先ほどそのACTION SCRIPTは組み終わり、なんとか閉め切り前にデザインのブラッシュアップも出来そうです。
スタートしたらここでご紹介しますのでお楽しみに。

さすがに今日は苦手な勉強といつ出来上がるのか分からない不安で疲れました。数時間ですがお休みにします。
勉強
2007年、年明け早々多くの仕事が重なりてんてこ舞いです。
さらにはSTUDIO ASTAの方針として今年からは本格的にCSS & XHTMLによるページ作りに着手する事に決めたため、制作前に完全に理論を把握してしまう必要があります。
CSS関係の本を2冊読破し、FLASHのACTION SCRIPTを必要とする仕事のための調べ事も併せてやっています。
CSS & XHTMLに関してはブラウザのバージョンによりまだバグが多く、その回避法を把握しなければなりません。これは10年前にHTMLが抱えていた問題と同じで、本来はMACとWINDOWSの各ブラウザの様々なバージョンのチェックが必要になる作業ですが、今の時期にWINDOWSのIE4.Xなどの環境を作る事は難しい状況でもあります。
まずは本で勉強をした対処法を網羅して制作しつつチェックの体制を整えてゆく事になるのでしょう。

実際僕は良い年になってしまっていますので、正直この手の勉強は辛いです。大人には大人のやるべき事が次々と押し寄せる中この部分をいつかは若手に譲ってゆく事を考えなければなりません。
でも今はその余裕と出会いがありませんので、老体にむち打って頑張るしかありませんね。

ただ一つ言えるのは2007年になる直前からの流れとして、クライアントに恵まれて自由度の高い仕事内容になって来ていると言う事を感じます。
良いものを目指す事は制作者も発注主も、さらには代理店も同じだと思いますが、その2者または3者に信頼関係がなければ裏目に出る事が少なくありません。何処かに理解力に欠ける人材が一人いるだけでその方向性がぶれてしまう事という不幸を幾度も経験しました。
なかでも現在の日本の環境では制作者の立場は低く、最終的には言われるがままの物作りをすることになるケースがありますが、今年の我々には別の流れが始まっています。

信頼を受けて仕事をする事の喜びがあります。
その反面責任が重くのしかかりますが、今までの経験と忘れずにいたアーティスト性を存分に発揮して取り組んでゆきます。
劣悪な環境であっても感性を腐らせないようにと今まで頑張って来た結果を出せるよう、もう一度自分を見つめ直しながら頑張ります。

今はその審判が下る時なのでしょうか?
8件もの案件が同時に動いています。
今はそのすべてを誠実に手を抜かず、最高のクオリティーにまで持って行く事だけを考えます。
少し命がけですが。
FJ's
今日はミュージシャンの深町純さんのお店「fJ's」に行って打ち合わせをしてきました。
実はこのお店のホームページの制作をする事になり、深町さんの意向を伺いがてら写真素材の収集をして来た訳です。
アーティストのページ作りですから、デザイン面で何度かやり取りを要すると思いますが、それはそれとして今回からCSS & XHTMLのページ作りを始めようと思います。
特に要求はされていないのですが、時代は今「それ」になって来ています。CSS & XHTMLでデザイン的なページを作る事が出来るように習得しておくべきものは沢山あります。

今このサイト以外にもいくつかのサイト制作のオファーが来ていますので、一気にCSSマスターになってしまいましょう!
イラストラフ
いくつかの仕事を抱えたビジネスマンが、時折自慢げに「いやあ、時間が欲しいです」「3つの案件を同時に考えなくちゃ」などと言うのをたいしたもんだと仰ぎ見ていましたが、今僕もそんな状況に置かれています。

本業は絵を描く事、あるパンフレットの表紙のためのイラストのラフを作らなくてはなりませんが、ここで話しましたビジネスモデルの原案を作るための勉強のし直しも同時にやっています。
締め切りは前後していますが、WEB関連の制作の案件も2つほど抱えていますので、時間の割り振りには苦労しています。
あ、写真の撮影助手というのもありましたっけ。

今は朝起きたらSEO、SEMの参考になるページの検索をし、teamASTAというネットワークのページに関する作業をすませ、出勤の電車の中でSEO、SEM関係の本を読み、ビジネスモデルの素案を組み立て、事務所ではイラストのラフを制作。

いくつかの仕事を同時にという状況にはなれましたが、この場合絵を描く脳とSEO、SEMで使う脳が別なので、切り替えには苦労しています。どちらかを別の場所でやる事も考え始めている所です。
毎日打ち合わせが続いています。
打ち合わせと打ち合わせの合間に作業を進めている状態で、いくつかの締め切りをその期日順に仕上げている状態の中、ある打ち合わせでの話題と別の打ち合わせの内容がシンクロしている事に気付きますが、すぐには具体的な案にはつなぐ事が出来ません。

何かが起っている。
何処かと何処かをつなぎ合わせれば画期的な展開が…。
整理が必要です。

今必要なのはこれまでに何が起きて来たのかを整理してまとめ、完全な管理システムを作る事です。
このまま行き当たりばったりに進めれば、大事なチャンスを見逃す事になりそうです。

時間と人材が欲しい。
ASTA アニメ
STUDIO ASTA のアニメーションサンプルDVDを制作しました。
ここにはこの10年余で制作したアニメーションの中で主立ったものを収録し、業界の方々に見ていただこうと言う営業ツールです。

STUDIO ASTAは様々な制作をやってきました。
DTPやWEBデザイン、イラスト制作、WEB用FLASHアニメーション、PC用アニメーション、TV,VIDEO用アニメーション等、その中でも最も評価を受けているのがキャラクター・アニメです。
キャラクターの動きをつけるにはそれなりのセンスが必要で、なかなか人に教わって出来るタイプのものではありません。
特にモーションキャプチャーと言われる人物などの動きを一度取り込んで作るアニメーション以外のものでは、そのセンスが重要な役割になります。
自慢をしているようですがこの部分には自分でも自信があります。
何故なら僕自身が絵描きだからです。
子供の頃から見るもの見るもの目の中でトレースし後で描いてみるという作業を繰り返して来た今、過去に見た大概のものは白い紙の上やコンピューター画面の中で描く事が出来ます。
そしてその絵を連続させる時にちょっとした嘘を付け加える事も忘れません。
人の目はとても騙されやすく『そう見える』ことが『実際にそう動いている』ことよりも真実に近いのです。
モーションキャプチャーものにも少しだけその嘘を加えれば生き生きとした動きになると思います。

つい語ってしまいましたが、今度はこの事をクライアントの前で語らなければなりません。
僕は今までほとんど営業と言うものをやった事がありませんでした。ただただものを作り、その事を知ってくれている人達が与えてくれる仕事を一生懸命に作り上げることがやり方でした。

今ふと周りを見渡したら、僕らが持っている能力や技術に気がついている人は広い世界でほんの一握りです。
お付き合いのあるクライアントでさえWEBの仕事だけのつながりだった場合にはイラストやアニメーションの印象は薄いかもしれないのです。

もっともっと知ってもらわなければ!
これが今日の時点での気付きです。
いや分かってます、遅いです。
怠慢でした。

そう分かった上で今から始めようと思います。
こんな僕ですからもの作りだけにかまけて業界そのものを知らない無知な人間でもあり、出来たDVDを誰に見せれば良いかも分かりません。

実は今色々な人にそこを聞いてまわっています。
僕の能力を認めてくれる人はどこにいるんでしょう?
僕の周囲にいる人には迷惑な質問かもしれませんが、誰彼構わず質問しています。