2
アクセスアップをテーマに書いているページで、優良なランキングページと紹介されていたJRANKというところに登録をしました。
teamASTAのブログが急にアクセス数を伸ばした時にやっていた事と同じをこのページにも施してみようと思います。
このランキングページの特徴は「静的な投票形式??」でアクセスアップに繋がるのだそうです。
この意味はまだ良く分かっていませんので、調べてみます。
折角フレッシュ・クロールの対象に選ばれたので、このページもアクセスアップ法を意識したページ運営にしてゆこうと思います。
もともと仕事のBLOGとして設置したので、あまりアクセス数に関しては意識をしていませんでした。

SEOやSEMの研究をしながら思ったのですが、SEO、SEMをテーマにアクセスアップ法などを歌っているページのページランクが低くては説得力がありませんね。
どうせ研究するのであればページのランクアップもさせながらやってゆこうかと思います。

色々とやらなければならないことが増えて大変なのですが、やらねば。
空とフランスパンひとつ気付いたことがあります。
朝見るとこのページもteamASTAもフレッシュ・クロールの対象の証である日付が入っています。昨日も夜帰宅後チェックしたのですが、それはありませんでした。
そう言うことですか、その非表示の時にはひょっとして周回中でデータを収集しているとか?
何らかの都合で表示していないけれどもフレッシュ・クロールの対象には違いないと言うことですね。
まあ余計なことかも知れませんが、何時まで表示して何時に消えるのかちょっと気になりますので調べることにします。

何れにしろ折角評価をいただいたこのページも毎日更新をしなければいけないですね。

やるか…。
??
またオドロキがありました。
フレッシュ・クロールを知ってから飽きる暇もありません。

なんとこのページもフレッシュ・クロールの対象になっています。
????解せません!!!!

まあ、対象になっているのは嬉しいのですが、このブログの更新頻度はそれほど無く、ページランクも3です。
確かにここのところ数日間は記事もアップしていますが、その程度のことで対象として評価されるのであれば、もっと多くのページが対象になっているはずです。

気まぐれ?
いや、プログラムなのだから何かの評価点があるはずです。
知りたい!

しばらくはこの研究をしている方のページを読みあさる事になりそうです。
ゴリラもうダメかと思ったら今朝また復活していたフレッシュ・クロール。
これなのかぁ、このフレッシュ・クロールで一喜一憂するのは、ばかばかしいのでやめましょうって何処かのサイトに書いてありました。

一度対象になった訳ですからまずは毎日こつこつと記事をアップしてゆきましょう。

teamASTAのアーティストの輪を広げながら、それぞれのアーティストにブログを薦めてアナログ&デジタルの複合ネットワークを構築するのがteamASTAの主目的です。
個展やライブの告知を効果的に出して、出来るだけ多くの人に作品を見てもらえる環境づくりを目指します。

この計画のためにもアクセスアップの勉強をもっとしてゆきますよ!
?昨日発見して喜んだteamASTAのフレッシュ・クロールがさっき解除されているのに気付きました。
昨日11月29日の日付で今朝は11月30日になっていました。
このフレッシュ・クロールの研究、解説をしているページなどには、対象になる基準がはっきりしないため、いつ解除されるか分からないと言うことが書いてあります。
これがこれなのですね。

まあ、3日天下でしたね。

ただこのフレッシュ・クロールの対象になった経験は貴重です。
今後このteamASTAは研究、実験の良いサンプルになってゆくでしょう。

ただ我々はデザイナーです。
仕事の一環でSEOやSEMも勉強はしてゆきますが、専門家になるつもりは無いので情報はオープンにしてゆきます。
どなたか研究材料の必要な方はここで質問やアドバイスをお願いします。

まずは現在のteamASTAの状況を簡単に説明しますと、2年ほど前にアーティスト仲間で作ったBLOGで、現在では40名のアーティストがそのメンバーです。
その中から自分のBLOGを持っている人がこのteamASTAブログと相互リンクを張りつつ、teamASTAにも書き込みをします。teamASTAの更新頻度を支えているのはそのような人力となります。
11月26日にフィードというモノを知り導入後そのRSSリーダーをSTUDIO ASTA関連のHP、BLOGに設置。その数約10箇所。
そのせいか12月1日に初のアクセス100越え(163)し、今日も11時20分現在154アクセスとなる。

フィードもフレッシュ・クロールも昨日今日知ったばかりですので、過去にフレッシュ・クロールの対象になっていたかどうかは不明です。

何かのお役に立ちますでしょうか?
オタマジャクシなんと我らがteamASTA BLOGはフレッシュ・クロールの対象になっていました。

今朝は気がつきませんでしたが、今googleで「team asta」と検索した所、そのことに気がいたのです。


team ASTA
東京代々木のデザイン事務所スタジオASTAに集う若手アーティスト集団。創作活動や展示、イベント活動を繰り広げます。
teamasta.jugem.jp/ - 69k - 2006年11月29日 - キャッシュ - 関連ページ
                 ↑
                 ココ

となっていて検索結果の後ろに更新の日付が入っています。
これが1〜数日ペースでgoogleからチェックされる栄光の「フレッシュ・クロール」の証です。

現在このteamASTA BLOGのページランクは「4」ですが、「5」になる日も近い!!!! のか?
インターネットの世界はおかしなものだ。
ホームページを作ったら人に見てほしい。
ましてやホームページから何かモノを売りたいと思えば、訪れる人達はお客さんとなる。
人を集めるためにSEOと呼ばれるアクセスアップを促す検索エンジン対策法が存在し、GOOGLEにヒットさせるためのページ作りを心がけ、GOOGOLEに価値のあるページだと認識させるためのページランクアップを図る。

今コンピュータ・プログラムGOOGLEは神になった。

仕事のためでもあり、僕が企画運営をするアート活動teamASTAのためでもあるので、このところその研究は進みつつあります。

今はフレッシュ・クロールを憶えたばかりで、GOOGLE様が通常3ヶ月に1度巡回する見回りを数日周期、場合によっては毎日お招きすることをフレッシュ・クロールと呼ぶ。
毎日更新されている、ページランクが高い、ページへのリンクがテーマ性をはずしていないなどが、その対象になるための要素だと噂されているが、確かなものでもなく気まぐれなGOOGLE様の意思次第なのだそうだ。

ページランクを高める近道にはもう一人の神様的存在のYAHOO様が存在し、YAHOO様に気に入られるページ作りを心がけてリンクを張られれば、ページランクはアップする。

この手のことを深く研究している人達は大勢いて、その話を聞いていると少し感覚がおかしくなってくる。
いかに集客をして購買意識を刺激するのか?
そう言うことなのだがリアルな社会でのそれとは何かが違う。
現実社会での営業の基本はとにかく足を使って一軒一軒訪問し、話を聞いてもらうことだと思うが、インターネットの中ではなかなか難しい。足を棒にしなくても出来る営業としてはコネクションの活用、大きな相手に気に入られること。これはまさにGOOGLE様YAHOO様だ。そしてここには生まれや育ち、学歴などではなく最新の情報と知識が効力を発揮する。
現実社会とは違って誰でも可能性がある世界ではあるが、ふと考えれば何か楽しくない。

僕は元々アーティストの出で、良いものを作り続ければ必ず認められるはずという思想の持ち主だ。
今まで現実社会の中で感じたことは、良いものを人知れず作っていても誰も気付かない。もっと売り込めと人は言うけど、何故か出来ない。
ところがインターネットの社会ではその知識を一般の人達よりも得られる場所に来てしまった。
生きるため、生活のために続けて来た仕事がそうさせたのだが、たまたまそこにいた。

この場所にいる責任としてアクセスアップ法は勉強しよう。
でもこれが正しい方法ではないことを証明してみたくなった。
今僕なりに始めていることがあり、teamASTAというアーティスト集団の活動に反映させ始めている。
リアル社会とバーチャル社会の間をとったやり方で、このプランは誰にでも出来る方法論だ。

これから少しずつ形にしてゆくつもりです。
KIYOねえHP
今年に入ってSEO & SEMの勉強をし直して、その成果をASTAのHPに徐々に施してゆくつもりでしたが、自分たちの事となるとついつい後回しになってしまうSTUDIO ASTAの性格上なかなか進まない状況でした。
そんな時にニューヨークのKIYOねえから相談を受けたのが、自分でHPを作れるようになりたいとの内容でした。
彼女との出会いは1年半前に友人の紹介で、彼女のBLOGを手伝う事を依頼された事が始まりです。当時BLOGはビジネスに役立つツールとして注目されはじめていて、我々もBLOGについて研究中でした。

BLOGを始めたKIYOねえの快進撃は目を見張るものがありました。
アクセス数はグングン伸びてゆき、人気BLOGランキングの順位も1桁まで上り詰めました。
ここで前もって書いておきますが、KIYOねえの経歴は元タレントであり、現在でも美人です。BLOGのネタがニューヨークのブロードウェイであることで一般の人達へのアピール度は勿論高いものです。しかしそれだけがこの快進撃の要因ではないと言う事です。
BLOGを開設して以来この1年半の彼女の記事のアップ数は尋常ではないものでした。それは今でも変わりなく続いていますが、恐ろしいほどのアップ数は明らかに彼女の才能だと思います。